×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『宇津救命丸』って効果あるの?

宇津救命丸の効果をお調べのママさんへ♪

「子供がなかなか寝てくれない」、「夜泣きがおさまらない」、「夜中に何度も起こされる」という毎日から解放されい!!そんなふうに考えていらっしゃるママさん、もしかしたら、赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る方法があるかもしれません・・・

この方法を実践して、お子さんが眠ってくれるようになるまでの期間が気になるところだと思います。これについては、お子さんの現時点での眠りの状況、月齢・年齢、気質・性格などに左右されます。ただ、幅はあるものの、早くて3日、遅くて2週間というのを目安にしていただければと思います。

また、このマニュアルがどのような内容なのか、以下にほんの一部をご紹介いたします。

子供の眠りは大人とこんなに違う!

たとえば、成人の睡眠は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」からなりますが、新生児・乳児の頃はまだこのようになっておらず、幼児でも不完全です。お子さんの眠りを改善するうえで知っておいていただきたいことをまとめて解説しています。

夜中に目を覚ましたときの適切な対応、不適切な対応

子供は5歳頃まで浅い眠りが現れる頻度が高く、夜中に頻繁に体を動かしたり、むずがったりします。このときに親が不適切な対応を行うと子供は一人で眠りに戻ることができなくなり、夜中の目覚めが習慣化してしまうことがよくあります。そうならないための方法をご説明しています。

夜中に目を覚ますことをなくすには?

生後3〜4ヶ月を過ぎていて、授乳などのために夜中に何度も起こされているようでしたら、望ましくない眠りの習慣が付いていると考えられます。ここで、お子さんを夜通し眠らせるための方法を知ってください。

子供の寝つきをよくする方法

おやすみ前に行うことで子供の寝つきがよくなる方法を解説しています。それほど難しいことではないのですが、実際のところは真逆のことを行い、お子さんの寝付きを妨げてしまっている方が多くいらっしゃいます。

夜泣きの解決策

夜泣きの原因はさまざまです。そのため、これを行えばよいというただ一つの方法はありません。その代わり、原因に応じた適切な対策を行えば夜泣きを解消することができます。

赤ちゃんの泣き、寝ぐずり対策

夜泣き以外にも寝ぐずりなど、あかちゃんが泣いてなかなか寝てくれないことがよくあります。これらの泣きは、月齢によっても性質が異なります。ここでは、それぞれの泣き対策を解説しています。

睡眠環境の整え方

デリケートなあかちゃんや子供にとって、良好な睡眠環境は大人以上に大切なものです。ここでは、寝室の温度・湿度の調整の仕方、騒音対策、明るさのコントロール、寝具などに配慮すべきことを解説しています。

お昼寝は、させてあげるだけではダメなんです

お昼寝は、たんに寝かせてあげればよいというものではありません。上手に寝かせてあげれば活き活きとして、また夜の寝付きもよくなります。反対に、不適切な方法でお昼寝をさせてしまうと夜の寝付きが悪くなりますので要注意です。

子供の目覚めをよくするとっておきの方法

子供を無理に起こそうとしても、そう簡単には起きてくれないものです。ここでは、目覚めをよくするためにはどうすればよいのかを解説しています。

子供の適切な睡眠時間を知る方法

適切な睡眠時間には個人差があります。といっても、自分の子供の適切な睡眠時間がわからないことには改善のしようがありません。そこで、お子さんの適切な睡眠時間を知るための方法を解説しています。

眠りをよくするため、授乳のときに注意すべきこととは?

授乳の際に気をつけないと子供の眠りを妨げてしまうことがたくさんあります。反対に、配慮すると子供の眠りをよくすることができることもあります。

眠りたいというメッセージに気づくためには?

子供は自分で「もう、眠い」ということができません。しかし、「眠りたい」というメッセージを受け取ってあげることはできます。これを見逃すと、子供はますます寝付きが悪くなってしまいます。